お知らせ

除雪ご苦労様でした

すっかり雪が落ち着き、我々建設業も道路除雪がひと段落がついて、社員も朝までゆっくり睡眠をとることができて、わたしもホッとしているところです。

当社の除雪作業は午前2時頃には出動し、通勤・通学が始まる7時には除雪を終わらせるようにしているのですが、今年の大雪はそうもいかず、9時、9時30分と時間がおして、除雪作業が8時間におよびました。終われば休憩をとるんですが、その間も積雪は増していきますので、12時頃に再度出動し帰宅時に車、バスが走行できるよう除雪します。18時頃には除雪を終えて社員も帰宅しますが、大雪なので23時頃には家を出て、また翌朝の通勤に向けて除雪に取り掛かりました。帰宅しても深夜の大雪、新雪で出勤できない遠方の人は、除雪ステーションに泊まり込んでました。

除雪作業は、明け方には体力が消耗し、ちょうど睡魔が襲ってくる一番辛い時間帯なんです。

 

 

大雪時は特に、安全第一、無事故で作業を行ってもらうためにも、生身の人間ですから、休憩をとることは非常に大切です。住民の皆様からは一刻でも早く除雪してほしいと要望をいただくことがあります。皆様の生活を守る使命を我々は当然もってますが、事故を起こしてはその使命を果たすことができなくなりますので、ほんの少しだけ、皆様からご理解をいただけると幸いに思います。

 

体力そして地元からの要請、苦情に向き合ってきちんと対応する気力、全部使い切ったんじゃないかな。みんな本当に本当にご苦労様でした。先週の朝礼で、スピーチ当番だった山田さんが、自分が除雪した歩道を子供たちが歩いて通学してる姿を見ると、しんどい時もありましたが、自分は地域に貢献できていると実感してます。と発表してくれました。

手前味噌ですが、わが社員は地元の除雪路線を守る意識は非常に高いですし、なにより除雪はうまい!!と思っています。この仕上げは素晴らしい!!わたしはみんなを誇りに思います。慰労会、盛大にやりましょうね。

 

 

関連記事

お知らせ

  1. 4.92018

    除雪慰労会
  2. 3.152018

    新車安全祈願
  3. 3.22018

    合同企業説明会
ページ上部へ戻る